安全への取り組み

NSユナイテッド海運グループは、海難事故ゼロを命題とし、お客様に良質なサービスを提供するとともに、地球環境保全の活動を推進すべく、以下4つの項目を基軸として安全運航に最大限の努力を傾注しています。

1.安全運航管理体制の確立

安全運航管理体制および営業/技術部門の連携の強化を目指し、グループ全体の船舶管理業務を当社内で一元的に行っています。

2.安全運航・環境保全推進委員会の設置

安全運航・環境保全推進委員会を設置し、環境方針を制定すると同時に、環境マネジメントシステムを構築。従来の安全運航はもとより、環境面についても積極的に取り組んでいます。

3.危機管理体制の確立

運航船舶の海難予防、海難事故対策に関する対処方法や社内体制を確立。万一の海難事故を想定して、定期的に緊急対応演習を実施し、体制の機能について検証を行っています。

4.船員教育訓練

座学研修・OJT(On the Job Training)による船上教育訓練を実施。日本人を対象に「若年海技者早期育成計画」を実践するほか、フィリピンやベトナムに当社社員を派遣し、外国人船員の確保・育成に取り組み、訓練生から船長・機関長まで一貫してサポートするシステムを形成しています。

PAGE TOP