環境方針・環境への取り組み

環境方針

世界の海を舞台に海上輸送サービスを提供する海運企業グループとして、全人類の共通財産である地球の環境保全に努め、気候変動への対応など環境負荷を低減し、サステナブルな社会の実現に貢献します。

  1. 私たちは、環境マネジメントシステムを構築し、継続的改善に努め、環境パフォーマンスの向上と汚染の予防に努めます。
  2. 私たちは、船舶の運航および事務所内活動において適用される環境の法規制およびその他の要求事項を順守します。
  3. 私たちは、各部門において環境方針に適合した環境目的および環境目標を設定し、実施計画に従って目的および目標の達成に努めます。また環境目的と目標を確実に達成するために、定期的に達成度のレビューを行います。
  4. 私たちは、環境教育・広報活動などにより、NSユナイテッド海運グループのために働くすべての人が環境問題に対する意識を高め、本環境方針に基づき、行動するように努めます。
  5. 私たちは、私たちのサービス提供に必要な船舶、機器類、その他の製品および資材の環境負荷の低減およびライフサイクルの視点を考慮した調達に努めると共に、廃棄物の削減およびその適正な処分に努めます。
  6. 私たちは、NSユナイテッド海運グループ全体で、カーボンニュートラル実現へ向けた対応に努めます。
  7. 私たちは、環境方針および環境保全活動を必要に応じ公表します。

(2021年10月1日改訂)
NSユナイテッド海運株式会社
代表取締役社長

谷水一雄

環境保全への取り組み

NSユナイテッド海運グループでは、環境保全への取り組みとして、以下のような具体的対策を行っています。

1.地球温暖化防止

地球温暖化はCO2などの温室効果ガスによって引き起こされていると言われています。船の航行には重油などの化石燃料を使用するので、CO2を含んだ排気ガスを排出します。このCO2ガスを削減するためには、燃料消費量を低減させることが現在のところ有効な手段です。 当社では燃料消費量低減のため、以下の対策に取り組んでいます。

  • 省エネルギー機器や装置の使用
  • 船体クリーニング、プロペラ研磨による推進性能向上
  • 状況に応じた減速運転、最適航路の選定
  • 効率的な配船計画や貨物積載量の増量による輸送単位当たりの燃料消費量削減

2.大気汚染の防止

船舶の排気ガスには酸性雨の原因となるNOx(窒素酸化物)やSOx(硫黄酸化物)が含まれています。NOxに関しては、出力130kw以上のディーゼルエンジンでは、排気ガス中に含まれるNOx量を条約で定めた規制値以下にしなければなりません。当社の新造船にはNOx排出量低減型の新型エンジンを搭載しています。
また、排気ガス中のSOx量を制限するため、使用する燃料油の硫黄含有量を0.5%以下とすることが決められています。低硫黄燃料油の使用とSOxスクラバー(排ガス洗浄装置)の使用の2つの方法によりSOx排出規制に対応しています。

3.ダイオキシン発生の防止

ダイオキシンの発生を防ぐため、焼却炉の排気ガス温度を炉の出口で200℃まで急冷できるようにした焼却炉をすべての新造船に搭載しています。

4.オゾン層破壊の防止

フロンやハロンはオゾン層破壊の原因とされていますが、当社では新造船の冷凍機・冷房機には代替フロン対応機器を採用しています。
ハロンを使った消火装置は1992年7月以降、新たな設置は禁止されており、ほとんどの船舶でCO2式消火装置や高膨張式泡消火装置を搭載しています。

5.バラスト水の適正管理

船舶が保有するバラスト水中の有害な水生生物や病原体の移動を防ぐため、外洋でのバラスト水の入替え、またはバラスト水処理装置の使用により管理しています。

6.船内廃棄物の適正処理

乗組員が船内生活をする上でさまざまな廃棄物が発生します。これらの船内廃棄物は陸上と同じように分別回収し、船内焼却や陸揚げ処分をしています。詳しくは弊社統合レポート(NS United Report)をあわせてご覧下さい。

PAGE TOP