社長メッセージ

当社は鉄鋼・電力・一般産業をはじめ基幹産業が必要とする資源やエネルギーを中心に多くの貨物輸送を担っています。経済社会の発展と人々の暮らしの向上に貢献しながら、当社も世の中のさらなるニーズに応え高みを目指して絶え間ない進化が求められています。

経済活動は、主に企業、政府、個人によって成り立っています。現在のように経済がグローバルに拡大する中では特に企業の存在が大きくなり、その事業活動は社会に対する責任を伴うものとなります。さらに重要なことは、企業は社会との関係の中でそのあり方が問われ、それは時代の要請とともに常に変わっていくということです。

現在、地球規模での気候変動に代表されるように世界的に社会問題の深刻化が叫ばれるようになり、国連の持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定などの場でその解決に向けた動きが加速化しています。今だけでなく将来にわたり持続可能な成長を求めるサステナビリティが社会の価値規範としてより支配的になり、これからの世界のキーワードになっていくでしょう。

そのような流れの中、企業活動においてもサステナビリティと経営の一体化を求める動きが急速に広がっています。事業におけるステークホルダーの皆様との関係をより重視し、発足以来の企業理念の上にさらにSDGsへの理解を深め、当社グループとして今まで以上に経済・環境・社会を合わせた3つの価値向上を追求してまいります。このような動きに適切に対応することにより、当社がこれまで築いてきた市場における競争優位やUブランドに一層磨きをかけていきたいと考えています。

当社グループはこのような問題意識の下、あらためて社会との関係のあり方を整理し、今後も変わらない姿として当社のパーパス「海上物流で、共に世界の今をつくる責任、未来へつなぐ責任を果たす」を策定しました。また、取締役会による適切なガバナンスの下で、その土台となるサステナビリティを支えるESGへの取り組みを、経営プロセス、戦略、ビジネスモデル、組織文化に組み込み、具体的には6つのマテリアリティ(重要課題)「安全運航」、「環境保全」、「お客様満足」、「技術イノベーション」、「人材確保・育成」、「コーポレートガバナンス」に取り組むことにより、企業価値の向上に努めてまいります。

良い会社とは何か? この永遠の問いに対する答えに向けて、そしてその実現に向けて、経営陣と従業員が想いを一つに一体となって取り組んでいきたいと考えています。何卒ステークホルダーの皆様のご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

NSユナイテッド海運株式会社
代表取締役社長

谷水一雄
PAGE TOP